お腹の毛が濃くなってしまったなら

産後にもし体毛が濃くなってしまった・・・、とお悩みなら永久脱毛に挑戦しても良いかもしれません。

体毛は体を守ってくれる大切なもの。だから完全になくなってしまうと困るのですが(頭髪も体毛ですよ)、でも美容の上で体毛が濃いとお悩みの方は、悩むくらいなら永久脱毛をするのも一つの手です。特に永遠に生えてきてほしくない場所は優先的に永久脱毛してみましょう。

お腹周り脱毛 って気にしておられる方もいらっしゃいます。男性でのおなか周りの毛を気にしている方がいらっしゃいます。日本人は西洋人に比べて体毛はそれでも薄い方ですが、でも人それぞれなので体毛が濃いとお悩みの方ももちろんいらっしゃいます。そんな方には永久脱毛です。永久脱毛脳方法は

 

光脱毛(フラッシュ脱毛)、レーザー脱毛、が代表的な方法です。部分別に試せるコースもあるので、気になる方はは一度サロンにご相談を!

 

光脱毛の場合は痛みが無く、これをしているサロンが全国的にたくさんあるので通いやすい事がこの方法を利用するメリットです。デメリットとしては一度の施術だけでは完全にムダ毛が生えてこなくなるわけではない=またムダ毛が生えてくる可能性がある、という事です。ですから何度かサロンに通わなければいけません。

 

レーザー脱毛は主に医療用として行われています。ですから脱毛の施術をするのは資格を持っている人です。ですから安全面では安心できるでしょう。こちらは少し痛みを感じる時があるようです。でも早い施術ですみますし、サロンに何度も通う必要はないとされています。値段はフラッシュ脱毛よりも安いところが多いそう(これは施術をしてくれるサロンやクリニックによって違いがあります)

 

現代の方法では一度の施術でも完全に永久脱毛できるわけではありませんが、でも少なくとも二回目三回目と繰り返すことでムダ毛の数自体が減っていくことは可能です。ですから体毛が濃いとお悩みの部分を脱毛するには、それを考慮しなければいけないでしょう。

産後・授乳後に効くマッサージ

産後はご存知の通り、ママにとっては大切な時期です。産後の過ごし方で体の回復の早さや精神状態に大きな差がある事は、近ごろニュースで報告されたり、ネットでもテレビでも特集されているのでご存知ですよね!?

 

妊娠中に大きくなる子宮は産後大体一か月ほどで元の大きさに戻っていきます。

これが経産婦(一度でも出産したことのある人)だったら戻るスピードが初産の人よりも早いのです。だから後陣痛は経産婦さんの方が強く感じるそうです。後陣痛は子宮が元に戻っていく運動によって感じるおなかの痛み。これが結構痛いそうで、初産よりも二回目、三回目の出産の方が痛みがきつくなるようです。初産だとほとんど感じない、なんて方もいらっしゃいます。

 

妊娠中はおなかの中の赤ちゃんのために母体は大きく変化していきますが、産後も母体が元の体に戻るために、これまた変化を遂げるのです。産後はだから赤ちゃんにとってもですが、お母さんにとっても、とても大切な時期です。だからこの時期に体のケアをすることはとても重要です。授乳などで忙しいママさんですが、でも自分の体のケアにも目を向けてもらいたいです。

 

例えばこの時期にする体のケアはリラックス効果のあるマッサージです。妊娠中は脚がむくんだり体全身がむくむことが多いのですが、産後はそれらが体外に出ていくとき。妊娠中の大きなおなかのせいで脚への血行が悪くなっている妊婦さんが、特に妊娠後期にはたくさんいらっしゃいます。そんな体に溜まってしまった余分な水分を体外に効率よく出すには産後が良いときです。でもおなかや腰回りの刺激はまだ産後直ぐには良くないので、足裏などのマッサージで間接的に刺激して、水分を外に出すのが良いでしょう。その際にリラックスのためにアロマオイルなどを使うのも良いでしょう。

 

また授乳で下を向いたり、赤ちゃんを長時間抱っこするために首に疲れがたまっているママさんも沢山いらっしゃいます。こちらもマッサージでほぐすのが良いでしょう。首や腕などをマッサージすることは、産後から始まる夜中の授乳の疲れをいやす意味でも大切です。またこの部位をマッサージする事で、ママさんによくある腕の腱鞘炎を防ぐ効果もあります。「育児は体力勝負」それは産後特に強く感じる事です。腱鞘炎に悩むママさんの多い事!それを防ぐ意味でもマッサージは効果的です。それに肩や首回りのマッサージは良い母乳を出すうえでも効果的ですよ!

 

 

産後のお肌のケア

妊娠中の女性の体はとてもドラマティックに変化します。

体の中に新しい命が宿ると、その小さな命を守るために体の中の組織全ては変化していきます。それも一か月後に変化して…というようなゆっくりとしたものではなくてあっという間に体が変化してしまうのです。これは妊娠した女性なら誰もが驚く共通の変化なのです。体重がどんどんと増える、という事も体の中の命を守るため。体だけでなくそれを覆う肌もドンドンと変化していきます

 

よく言われるのが妊娠中はシミやソバカスが増える、という事です。これはメラニンの生成が著しく起こっているからです。ですから妊娠中の女性はあまり外を出歩かない方が良い。夏は特に紫外線対策をしっかりとしないと、妊娠中にできてしまったシミソバカスはなかなか妊娠後も消えてくれないことが多いのです。

皮膚科の先生によっては、妊娠中にできたシミソバカスは出産後に段々と薄くなっていく…という方もいらっしゃいますが、でも大抵は出産後もしっかりと肌の上に出来てしまったシミソバカスが残ったままになってしまいます。だからこそ、妊娠中であるからこそ、外をむやみに出歩かない、とか叱りとした紫外線対策をするなどの対策を立てる事が必要です。

 

出産後の肌の状態で気になることといえば、シミソバカス以外にも肌の乾燥が挙げられると思います。産後は赤ちゃんのお世話などで自分のために時間を取ることが本当に難しい。新米ママの声を聴くとスキンケアをする時間が無くなった、という意見が多くあります。慣れない育児に産後の疲れ。これらが一気に来ると…、ひどい症状だと産後鬱になる場合もあります。産後は体と心を休めたいところなのですが…、産後が一番女性の人生の中でハードな時期かもしれません。そんな時こそ、時間をかけなくてもパパっと出来るスキンケアをしてもらいたいものです。オースインワンの化粧品などは、優秀なコスメが多いので、ぜひ利用してください。産後は妊娠した体が元の体の状態に戻っていく大切な時期なのです。ですから、忙しいとは思いますが、産後のママは簡単な方法で良いのでスキンケア、そしてそれをする時間を大切にして下さい!